沖縄なごやかライフ
えん坊&ぼーさん 沖縄移住生活
沖縄で感じた心と健康

沖縄移住アラフォー婚 結婚式はどこで挙げるべき問題 

沖縄移住 結婚式のこと

沖縄移住アラフォー婚 結婚式はどこで挙げる?問題

沖縄移住してからアラフォーの結婚式

2018年3月、

今のパートナーであるぼーさんと仏教の趣味で意気投合して、

お付き合いがはじまり、

二人で原始仏典の仏教サイトを立ち上げたのがその年の8月、

ぼーさんが急な沖縄への転職がきまったのが同じ年の10月末で、

さきに宮古島で生活を始めたのが11月15日、

そして遅れて半年ほどのち、

滋賀と沖縄の遠距離を経て、

わたしも会社の異動願いをだして2019年3月に、

沖縄名護に移住した怒涛(どとう)のような一年でした。

宮古島で入籍するも式はどうする?

2019年5月名護に住んでいるわたしたちは、

ゴールデンウィークにぼーさんの仕事の手伝いをかねて、

宮古島まで行きました。

そして宮古島市役所で婚姻届けを提出して、

さて結婚式はどうしようかな、という感じでした。

入籍した日の5月1日も、

「令和元年の始まりに入籍したらどうですか?」と、

ぼーさんの沖縄の仕事のスタッフさんからのアイデアで、

その日に入籍しようとなりました。

沖縄の方の後押しがあったのです。

お付き合い当時、漠然と一致していたのが、

ふたりとも神社仏閣が好きなので、

結婚式は神社で挙げたいなぁというくらいでした。

ぼーさんは奈良が好きなので、

春日大社なんかよいよねぇと夢膨らませていたのですが・・・

当然、このときは内地で結婚式を挙げるものとおもっていた二人。

沖縄には親戚なんて一人もいない、

まったく知人もいない状態ですので、

沖縄で式を挙げて親戚友人を沖縄に呼ぶより、

わたしたち二人が単体で帰省して結婚式を挙げるほうが、

費用も安くつきますので、

いろいろと便宜(べんぎ)がよいということなりました。

沖縄からネットで関西の結婚式を探す。

それで『和婚』というキーワードでネット検索して、

貴船神社での結婚式の様子の写真にとても惹かれたわたしは、

その貴船神社さんとブライダル提携してる会社の、

クリエイトウエディングさんに宮古島から電話で、

コンタクトをとることにしました。

なぜかぼーさんは、打ち合わせはすべてわたしに任せると、

放任主義者になっていました。

沖縄からの連絡ということで電話に出られた担当の方は、

大変驚いておられましたが、面識がなくても、

電話やラインのやりとりでだいたい完結しますとのこと。

結婚式本番の前に一度だけ、衣装と実際の神社の式場の様子、

披露宴会場の場所での確認等、打ち合わせに京都で行えば、

だいたい全体の打ち合わせはできます!

と遠距離からの依頼にも関わらず、

熟練した対応で大変頼もしい方でした。

ただ困ったことに、

わたしたち、とくにぼーさんは、

結婚式の打ち合わせなんかしてる時間がないほど、

沖縄での仕事が多忙をきわめていたので、

結婚式の打ち合わせも、

わたし一人が長期の夏休みを利用して京都に行って打ち合わせを、

しなくてはいけませんでした。

最近は結婚式を挙げないカップルも増えてきているようですが、

わたしの家は父親を早く亡くしていて母子家庭だったので、

母親の希望をきくと結婚式挙げてほしいということでしたので、

せめてもの親孝行だとおもって結婚式をすることにしたのでした。

それとぼーさんのおかあさんも、

急に息子が沖縄に行ってしまい、

心の準備もないままに私たちと離れてしまったので、

お互いの親同士の顔合わせもままならずで、

本当に心配だったと思います。(;^_^A

2019年8月にひさびさに滋賀の実家に帰省して、

実の母親といっしょにクリエイトウエディングの担当さんと、

初めて京都駅で合流しました。

プランナーの梅木さんは会社の代表者で、

自らプランニングの担当をしていただくことになりました。

さっそく梅木さんの運転する車で貴船神社まで向かいました。

車の中で、

「いいですねぇ~沖縄。ぼくも遠方のお客様には一回は無料で出張の打ち合わせしてるんですよ。もちろんサービスの一つですが、本音でいえば出張とかこつけて、沖縄リゾートを楽しみたいというのもあるんですがね」と、

はははと笑われて、

旦那さんに予定をきいてくださったら、

また沖縄に行きますよ~と言ってくれていましたが、

結局ぼーさんの仕事の都合があわず、

この一回の打ち合わせで終わりました。

貴船神社(きふねじんじゃ)

貴船神社さんは結婚式を本殿(ほんでん)の中でしてくださるという、

稀有(けう)な神社と伺いました。

神前式での結婚式は一般的には拝殿ですることがおおいのですが、

貴船神社さんは特別に本殿で挙式を挙げていただくことができます。

挙式の時に巫女舞(みこまい)をしていただけるのは、

神社挙式の中でも数少ない神社で、

貴船神社さんでの式は、

ほんとにありがたいことが多いですよ~!と、

とても嬉しそうに紹介してくれました。

8月の京都も蒸しかえるような暑さで、

下手したら沖縄より暑いんちゃうか、

と思ったほどでした。京都盆地恐るべし。

天気は快晴で貴船神社につくと、

参拝に来る方や、川床(かわどこ)の風情を楽しんでいる方や、

観光に来ている方がたくさんいて、すごくにぎわっていました。

式場の様子や披露宴会場の場所など確認すると、

梅木さんが、貴船には龍穴(りゅうけつ)とよばれる場所が奥宮にありますので、

案内しましょうとおっしゃってくださいました。

貴船神社の奥宮は日本三大龍穴で、

その三大の中でもっとも神聖な場所とされていると。

梅木さん自身、貴船神社さんとは仕事を通じて深くご縁ができたようで、

神主さんからいろんなことをお聞きする機会も多いようでした。

そして、昔から伝わる龍穴というのが本当にあるのかどうか梅木さんが確認したところ、ほんとうに存在するとのことです。

奥宮に行った私と母は、

気持ちいい風にふかれて、しばしその場所を離れずひたっていました。

とまぁこんな感じで梅木さんの誠実な人柄と、

わたしとぼーさんの結婚式を満足のいくものにしようという真心が十分に伝わり、

わたしも私の母も安心して、その日の打ちあわせを終えたのでした。

結婚式をすると決めたとき、

いろいろと決めていくことも多いんだろうなぁと、

離れた沖縄に住んでいたので、

半ば事務的に淡々とすすめていこうと割り切ったところもあったのですが、

担当の梅木さんが「一生に一度のことですから、どんどんわがまま言ってください」と、

最後まで本当にお世話になったことを今でも思い出します。

それから同年の11月10日、

紅葉のきれいな季節にわたしたち二人は貴船神社にて、

無事に結婚式を挙げることができました。

ぼーさんは1年ぶりに帰阪(きはん)して、

ぶっつけ本場で、

神社での本格的な式にけっこう緊張したと言っていました( ´艸`)

そりゃそうだろう。

でも本当に良い式だったと親戚のひとたちもみんな言ってくれていました。

神社という神聖な場所はやっぱり人の気持ちも清めてくれた感じです。

そんな神聖な貴船神社で結婚式ができて感謝の気持ちで一杯です。

ほんとうにありがとうございました。

 

そして、ここからの記事は、ぼーさんの感想です。

結婚式をして”おいて”、本当によかった。

「忙しいから結婚式はしなくてもいい、お金がかかるからしたくない、生活費のたくわえにお金は置いておきたい、家族や親戚に手間がかかるからしたくない。」

もし、結婚式についてそのような感情を“今”持っている方がおられたら、

それは結婚式をあげる前のぼーさんと同じ気持ちです。

急に見知らぬ土地の沖縄で、宮古島から名護と引っ越しを2回して、

なにか生活におわれる毎日もありましたので心に余裕がなくなっていました。それともう一つ

ぼーさんは再婚ということもあって、

結婚式をあげることにかなり気持ちが億劫になっていました。

だから、打ち合わせなどすべてパートナーのえりなさんに任せていました。

今、思えば大変申し訳ないことをしていました。

しかし、いざ結婚式を挙げてみると、

「おめでとう!」と、

みんな全員がとても嬉しそうにしてくれていました。

迷惑かけたくないなぁと思っていたのに、

母親、兄弟、友人みんなの嬉しそうな表情が、

とてもありがたいなぁと思いました。

人生で「おめでとう」と祝福される、

人から嬉しい言葉をかけてもらえたら、

心から「ありがとう」と感謝の気持ちしかでない、

たいへん”貴重な一日”だと実感できました。

人生で、本当に大事で嬉しいことなのは、

「人との喜びの分かち合い」なのだと改めて実感しました。

いつ結婚式のことを振り返っても、クリエイトウエディングの梅木さんスタッフの皆様、貴船神社の方々、家族に友達に感謝の気持ちで思い出します。

だから、結婚式を挙げてほんとうによかった。

もし式をしていないと、人生で大きな経験を逃すことになると思いました。

だから、迷うことなく結婚式は挙げることがいいと断言できます。

 

■クリエイトウエディング

京都の貴船神社でわたしたちの結婚式を紹介していただいた会社です。

株式会社クリエイトウエディング 代表 梅木 慎二さん

とても親切で頼りがいがあって、フレンドリーな方ですよ!

TEL:075-352-8801

《ホームページ》株式会社クリエイトウエディング

クリエイトウエディング
クリエイトウエディング

《ホームページ》株式会社クリエイトウエディング

㈱クリエイトウエディングさんのブログ

「沖縄なごやかライフ」を紹介していただきました!

梅木社長ありがとうございます!

これも読んでみて!