沖縄なごやかライフ
えん坊&ぼーさん 沖縄移住生活
ビーチ美化運動・海遊び

沖縄、奥武島(おうじま)無人島 磯あそび 潮干狩りと貝の調理 ソデカラッパと大潮の神秘的な風景

奥武島 磯遊び

沖縄、奥武島(おうじま)無人島 磯あそび 潮干狩りと調理 ソデカラッパと大潮の神秘的な風景

奥武島の風景6
《写真》右側、貝を探しています

今回は、沖縄県名護市にある

無人島の奥武島(おうじま)での、

大潮の風景と磯遊びです。

有名な場所ではないですが、

島の奥にすすむと、遺跡みたいな御嶽もあって神秘的な場所です。

写真でご覧ください。

ソデカラッパにも会えたので、

動画もご覧ください。

ここはビーチといってもシャワーもないし、

奥にお墓があるので、

海水浴を楽しむ雰囲気ではないです。

地元の人も釣りや、潮干狩りを少ししている感じです。

ぼーさんは生きもの観察がメインで、

えんなさんは貝を採りたいと熊手と網を持っています。

潮干狩りは2,3度しましたが、

たくさん貝は採れませんでした。

屋我地島の橋を渡ったところで、

ここも満潮時と干潮時でガラッと風景が変わるので、

ゆっくり海を眺めるにはいいところです。

■奥武島ビーチの場所

しっかり海水浴で海を遊びたい方は、

橋を渡ったすぐ近くに、

屋我地ビーチがあります。

有料ですがバーベキューなども楽しめ、

防護ネットも設備されているビーチです。

《設備のあるビーチは屋我地ビーチ⇒》屋我地ビーチ

 

■5月下旬の奥武島の大潮の神秘的な風景です。
《写真》かなり潮が引いています。向こうに見える小さい岩
奥武島の風景①
《写真》小さい岩にも長ズボンでも歩いていけました
奥武島の風景2
《写真》奥武島を奥に進むと
奥武島の風景3
《写真》遺跡みたいな御嶽があります
奥武島の風景4
《写真》遺跡みたいで神秘的な奥武島
奥武島の風景5
《写真》インドのアジャンターみたいでした。
インドアジャンターの写真
《写真》これがインドのアジャンターです。撮影ぼーさん
奥武島の風景7
《写真》左側、貝を夢中で探しています。
奥武島の風景8
《写真》自然にできた盆栽みたい

■今回会えた磯の生きもの

・ソデカラッパ

横幅5cmくらいのカニです。ひっくり返すとバタバタして愛嬌があります。カニなので爪は鋭いので触るのは注意してください。

砂の中に隠れるのが得意です。動画でご覧ください。

《写真》ソデカラッパ
《動画》奥武島 BGM音声付です。
■潮干狩りの道具と取れた貝
奥武島の風景9
《写真》えんなさんの収穫

アラスジケマンガイとアサリとイソハマグリが捕れたみたいです。

貝については、また別に詳しく解説していく予定です。

写真右はヒレシャコガイの貝がらですが、

汚いので持って帰りたくない、ぼーさんです。

このサイトで何度も伝えていますが、

紫外線対策、マリンシューズ、ゴム手袋の

準備を強くおすすめします。

■準備する持ち物

☆砂が入りにくくて、歩きやすいマリンシューズ

【楽天市場】砂がはいりにくい おすすめマリンシューズ

☆ぱっと羽織れて、大変便利なUVパーカー

【楽天市場】紫外線対策で大活躍、UVパーカー

☆水に強くて、塗りなおさなくていい日焼け止めは大変重宝します。

海でも焼けない NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止め

■潮干狩りで採れた貝の調理

ぼーさんは生きた貝をとるのはかわいそうだから、

えんなさんには、その日に食べる分だけの捕獲にしてもらっています。

えんなさんが頑張って採った貝なので、

きちんと調理していただきます。

それにしても少ないね(;^_^A

・手順とポイント解説

1、砂をしっかりとはかせる

【ポイント】たくさんの水で塩分の濃度はうすめ、

タオルを被せてあげて、暗く静かなところで、

一晩かけてゆっくり砂を吐かせます。

《写真》砂抜きしています

・調理方法は酒蒸し

フライパンに油をひいて貝を入れて、

お酒を大さじ1程度入れて、蓋をして強火にする。

バン!バンッ!と貝の蓋が開く音がします、

貝が開いたらしょうゆとお酒で少し味付けして出来上がり。

かかった時間目安

・貝の捕獲3時間

・貝の下準備の砂抜き、1日

・調理時間5分

・食べる終えるの2分

ごちそうさまでした。byえんな

《写真》翌日、酒蒸しにして頂きました。byえんな

こちらもおすすめです!

備瀬崎の楽しみ方
沖縄「備瀬崎の楽しみ方徹底ガイド」磯遊び、シュノーケル、干潮の歩き方、お魚を見る方法、持ち物も解説沖縄「備瀬崎の楽しみ方徹底ガイド」磯遊び、シュノーケル、干潮の歩き方、お魚を見る方法、持ち物も解説 仕事場からちかいので、夏だ...
これも読んでみて!