沖縄なごやかライフ
えん坊&ぼーさん 沖縄移住生活
沖縄移住での生活

サーターアンダギー 沖縄 作り方&お店紹介 食べたい方必見!

沖縄サーターアンダギー

サーターアンダギーは沖縄の伝統おやつ

沖縄のおやつといえば、サーターアンダギー。

移住前にも沖縄旅行に来たときに、

これが沖縄のお菓子で有名なサーターアンダギーなんだと

”何気なく”食べたことがありました。

しかし今回は、

なぜサーターアンダギーが、

沖縄県民のソウルフード、伝統のおやつなのか、

作り方、おいしいお店も紹介していきます。

サーターアンダギー沖縄での意味

沖縄の方言で、

「サーター」は砂糖、

「アンダ」は油、

「アギ」で揚げる。

「油で揚げたもの」という意味で

サーターアンダギーです。

小麦粉と砂糖を使用した生地を油で揚げる、

日本でいうとドーナツが馴染み深いので、

日本版ドーナツ、いや沖縄ドーナツみないなものですね。

しかし、

サーターアンダギーの由来は中国

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: s-開口笑.jpg

中国の開口笑(かいこうしょう)

そのサーターアンダギーの由来はアメリカではなく、中国です。

琉球王朝時代、中国と大きくかかわっていた歴史がある沖縄。

中国に「開口笑」(かいこうしょう)と呼ばれる

沖縄のサーターアンダギーにそっくりなお菓子があります。

そのお菓子が琉球国時代に沖縄に伝わったと言われています。

ドーナッツの口が開いて笑ってるみたいだから、

たいへん縁起の良い菓子とされ、

沖縄では結婚式など祝い事でも振る舞われます。

また、沖縄ではサーターアンダギーは子孫繁栄の象徴とも言われています。

そういえば、

生まれた赤ちゃんの1周年のお祝い、

沖縄の方言で「タンカーユーエー」に呼ばれたときにも、

手作りのサーターアンダギーがきちんと出てきました!

ほんと沖縄県民のソウルフードですね!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: s38553-1024x635.jpg

お祝い時のサーターアンダギー

ちなみに、ぼーさんは宮古島でも住んでいたのですが、

宮古島では地元の人は、

サーターアンダギーのことを「てんぷら」と呼んでいました。

かぼちゃ入りのサーターアンダギーも定番でしたよ。

沖縄サーターアンダギー祭り

ある日、ネットサーフィンをしていたえん坊は、

あるサイトに思わず吹き出してしまいました。

なんと名護にはサーターアンダギー祭りなるものが存在するらしいのです!

2015年の沖縄タイムズの記事なのですが、

名護市フルーツランドで、神主さんが大量にあるサーターアンダギーの前で、お祓いをしている写真がそこにはありました。

スタッフのみなさんがサーターアンダギーにお祈りしている写真のインパクトはすごかった。

改めて、沖縄の人にとってのサーターアンダギーへの深い思いを感じました。

そうして沖縄で過ごしていると、

やっぱり、自分でサーターアンダギーを作りたくなりました。

そしてパートナーのぼーさんにお願いして一緒に作ることになりました。

 

サーターアンダギーの作り方(レモン味)

■今回の材料

・はいさい小麦粉200g

・たまご1個

・レモン1個(※皮のみで大丈夫!)

・砂糖90g

・ベーキングパウダー(アルミフリー)6g

・サラダ油大さじ1杯

・揚げる油適量

 

■作り方

1.小麦粉をふるいにかけてボールに入れる。

2.卵・サラダ油・レモン・ベーキングバウダー入れてまぜる。

3.手にサラダ油を軽く塗ってピンポン玉サイズにわけて

4.低温140度でゆっくり揚げる。(低温でじっくりがポイント)

 

えん坊は揚げ物料理が苦手なのと、

火事が心配になるので、

作るときにぼーさんに声をかけておきました。

最近、ぼーさんの仕事のスタッフの人が、

レモン入りのサーターアンダギーを作ってきて、

それがたいそうおいしかったというので、

今回レモンも入れることになったのですが、

ぼーさんはレモンを丸ごとフードカッターにかけて、

材料にいれたので水気がおおすぎて生地がべちゃべちゃになって、

つくねの失敗作みたいなのができました。

( ノД`)たのむで~ぼーさん。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: s-s654-1024x763.jpg

ねっとりしててい、揚げにくそう・・・

のちに聞いたら、「レモンの皮」だけでよかったのでした。

普通の生地と、レモン汁入りとをわけて作りました。

一回目は成功しておいしかったです。

レモンの風味も効いて爽やかで行けてます!

二回目は油の温度があがりすぎて、

真っ黒になってしまいました、

しかも外が黒くなってるのですが、

中は少しべちゃっと火が通っていなくておいしくなかったです(-“-)。残念。

ポイントは油の温度ですね。

サーターアンダギー完成
左が成功、右がちょっと失敗

低温でじっくりと中まで火が通るように揚げる。

次回またリベンジで挑戦する予定です!

ぼーさんみたいに失敗した方へ、おいしいお店も紹介!

沖縄サーターアンダギー おすすめのお店

沖縄北部の高速降りてすぐの許田インターにある道の駅許田にある、

『琉球銘菓 三矢』のサーターアンダギーは超美味しい!のです。

サーターアンダギーの概念がすこし変わりました。

しっとりしてるのもあるんや、と。

ぼーさんは斎場御嶽の近くの駐車場にあるお店が一番好きと

話をしていたら、

なんと調べたら、

同じ三矢本舖さんでした。

なので、おすすめのお店は

「琉球銘菓 三矢」さんです!

この三矢本舗(みつやほんぽ)さんは沖縄に5店舗お店があるみたいです。

琉球銘菓 三矢本舖(みつやほんぽ)ホームページ

■許田インターにある『琉球銘菓 三矢』 さんの地図

〒905-0024 沖縄県名護市字許田17−1

斎場御嶽(セーファーウタキ)近くの

「がんじゅう駅・南城(なんぐすく)」の地図

■三矢本舗 南城市地域物産館店

 〒901-1400 沖縄県南城市知念久手堅539

さいごに、

是非、沖縄に来たときは、

今回紹介した

”縁起がよい”

沖縄でのサーターアンダギーの意味も感じてみて、

食べてみて下さいね!

そして、

なかなか沖縄に来られない人は、

ご自宅でも

”縁起がよい”

サーターアンダギー作りに挑戦してみてくださいね!

低温で揚げるのがポイントですよ!

アンダギーミックスセット(サーターアンダギーミックス(500g)・黒糖アンダギーミックス(500g))

これも読んでみて!